育毛促進剤は若ハゲ改善に効果バツグン

若ハゲの改善方法として、

 

育毛促進剤を使ってみよう!

 

と思ったものの、色々な種類があって迷ってしまう人もいるでしょう。

 

では、育毛促進剤にはそれぞれどんな違いがあるでしょうか。

 

 

1.男性ホルモンの分泌を抑えるタイプ

まずは男性ホルモンの分泌を抑えるタイプです。

 

男性ホルモンのひとつであるテストロン

 

これは

酵素(5αリダクターゼ)

 

によって、
髪の毛を成長させる働きを低下させてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)に変えられてしまう
のです。

 

そこで、

 

5αリダクターゼを抑制することでDHTの発生も抑制させる

 

ことで髪の毛の成長を促す効果があります。

 

 

2.頭皮の血液循環を良くするタイプ

次は、頭皮の血液循環を良くするタイプです。

 

ストレスなどで頭皮が硬くなり、

 

血行が悪くなって栄養素が頭皮へ届かなくなる

 

ことも、抜け毛や若ハゲの原因のひとつです。

 

このタイプでは血行を促進させて血流を増やし、育毛細胞への栄養補給率を上げることで髪の毛を増やす効果があります。

 

 

3.細胞を活性化させるタイプ

もう一つは、細胞を活性化させるタイプです。

 

髪の毛を育てる細胞は

 

毛母細胞

 

と呼ばれ、髪の毛の一番奥に存在しています。

 

この毛母細胞の細胞分裂によって髪の毛が生えてくるのです。

 

この細胞分裂を活発化させるために、

 

ビタミンなどの栄養素を細胞に直接補う

 

ことで髪の毛を育てる効果があります。

 

 

養毛剤、育毛剤、発毛剤などと様々な呼び方はありますが、明確な区別はありません。

 

自分に合ったタイプを選ぶことで、より育毛効果が高く得られるのです。

 

 

■若ハゲを改善して婚活!若はげの原因から考える3つの予防対策 ⇒