若ハゲに多いつむじはげの原因と対策

若ハゲに多い症状が、つむじはげ。頭頂部のつむじ部分から薄くなってくるという、いわゆるザビエル型のハゲかたです。

 

ザビエル

 

つむじはげの原因とは?

つむじはげになってしまった時の原因としてはAGA(男性型脱毛症)が考えられます。男性ホルモンの異常分泌によって、健康な毛を抜け毛にしてしまう悪い働きをするホルモンが頭皮付近に多く分泌されてしまうのです。

 

AGA(男性型脱毛症)は薄毛の原因としてよく知られていますが、発症した場合はつむじ周辺から抜け毛がはじまり、徐々に薄くなっていきます。

 

そしてつむじ周辺だけでなく、同時におでこの生え際も薄くなる事があります。

 

人によって症状の出方は異なっていますが、短期間で頭皮が目立つようなつむじはげになる事もありますので、薄毛が気になる時には早めに対策を始めた方が無難と言えます。

 

つむじはげ対策

では、どんな対策方法を行う事でつむじはげの症状を改善できるのかと言いますと、AGAが原因の場合は病院で医師の処方のもと治療薬を利用するのが定番です。

 

いわゆるプロペシアやミノキシジルの錠剤です。

 

治療薬の効果を知る前にAGAの仕組みを知っておく必要がありますが、AGAというのは脱毛物質であるDHTが増加する事で発症します。DHTが増加するとヘアサイクルの乱れを引き起こし、それによってつむじや生え際が薄くなる訳です。

 

プロペシアは問題となっているDHTの生成を抑制する作用がありますので、ヘアサイクルが正常になり、そして発毛し易い状態になるのです。ただ、治療薬はあくまでも脱毛を抑える為の役割にしか過ぎません。

 

なので発毛させる為にミノキシジルを併用するのですが、どちらも副作用の危険が心配されているクスリです。なので医師の診察による病状管理が必要なのです。

 

若ハゲでつむじ周辺から禿げてくる場合は、発毛促進の為の対策も必要になりますので、治療薬以外にも発毛剤なども併用して対策する事が大切です。

 

 

■若ハゲを改善して婚活!若はげの原因から考える3つの予防対策 ⇒